「モトタイムズ」はヤマハSR400/500をメインに
ネオクラシック&ストリートバイク情報を発信する
カスタムバイクWEBマガジン


新品のドレンボルトと銅ワッシャーを忘れないよう、あらかじめ組み付けておく。ドレンボルトを外したまま、オイルを注入するともったいないぞー!

 


続いてエンジン側のドレンボルトを取り外し、エンジン内のオイルを排出する。

 


バイクを直立させて、ちょっと揺らすとさらにオイルが出てくる。なるべくエンジン内に古いオイルが残らないようにしたい。

 


続いてオイルフィルターの交換。エキパイにオイルが付着したり、フレームとエキパイの間にオイルが入り込むと大変! こちらも不要な紙とガムテープで養生しておこう。

 


オイルフィルターカバーを取り外すには、ボルトを3本取り外す。

 


オイルが出てくるので、とりあえず出なくなるまで放置。

 


カバーを取り外し、中にあるフィルターも取り除く。そして、ウエスなどで残ったオイルを拭き取る。

 


こちらが取り外したオイルフィルター周りのパーツ。フィルターはもちろんのこと、Oリングも交換しよう。

 


オイルフィルターを装着する。小さなOリングを忘れずに装着しておくこと。

 


大きなOリングはカバー裏側に、写真のように装着する。

 


フィルターカバーを装着。この際、フィルター上部にある小さなボルト(プラグ)の銅ワッシャーも交換しておく。ただし、このときプラグは締め上げないこと。写真のように、銅ワッシャーを潰さないように、すこし浮かしておこう。

RANKING
LATEST ARTICLES
YOUTUBEチャンネル モトタイムズFacebook