「モトタイムズ」はヤマハSR400/500をメインに
ネオクラシック&ストリートバイク情報を発信する
カスタムバイクWEBマガジン


エンジン側のドレンボルトも締める。

 


オイル汚れなどはウエスにたっぷりとパーツクリーナーを吹き付けて、しっかり吹き上げる。エキパイなどに残っていたら、エンジンの熱で痕になってしまうぞ!

 


今回使用したオイルはキャンディーイチ推しの「YACCO・MVX RACE」。100%化学合成の高級オイルだ。

ちなみに交換したあとに走ってみると、その違いにビックリ! エンジンノイズが明らかに減り、シフトチェンジも滑らか! アクセルのツキも良くなった。

決して安いオイルではないけれど、その価値は十分にある。

 


フレームインオイルタンクの注油口からエンジンオイルを入れる。溢れないように、ゆっくり慎重に!

 


ひとまず規定量を入れたら、エンジンを始動。すこしアイドリングをして、エンジンにオイルを行き渡らせる。

 


オイルフィルターカバー上部にあるプラグからオイルが滲み出したら、エンジンオイルがしっかりと循環している証。エンジンを止めて、プラグを締める。

 


オイル量をチェック。

 


規定量内であれば、作業は終了! キャップをしっかりと締める。

 


見た目は変わらないけれど、エンジンは完全リフレッシュ! 今シーズンもガンガン走りますよぉ!

RANKING
LATEST ARTICLES
YOUTUBEチャンネル モトタイムズFacebook