ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン「The SR Times」

2014年12月24日

古くからの友人のBMXライダーが持ち込んだのは……。

LINEで送る

foreign038
BIKE SHED公式ウェブサイトより

 
スポンサードリンク

 

眠れぬ夜を何度も越えてこのバイクに会いたくてここまで費やした!

 18歳に初めてチョッパー系のバイクを手がけてから数年。ドイツに「Dr.MECHANIK」を立ち上げ、モトクロスマシンなどを完成させるなど独自のノウハウを持っていた同店ビルダー。そこに古くからのBMXライダーの友人が持ってきたのは1988年モデルのSR500。友人は自分が思う好きなように作ってくれとお願いしたそうで、フロントフォークやリアショックをショート化したボバースタイルを製作しました。さらにシンプルなライトを追加しスポークはサンドブラストを施しています。
 毎日夜遅くまで半年がかりで完成させたというだけあって、気合いの入れようが違います。

BIKE SHED公式ウェブサイト

Dr.MECHANIK公式ウェブサイト

 

関連記事