ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン「The SR Times」

2013年03月18日

SR400<35周年記念モデル>の詳細を改めてご紹介!!


sr30th
 
 すでに発売を開始して1ヶ月以上が経ち、今さら感がありますが……撮影できる機会があったので、SR400<35周年記念モデル>を改めて紹介させていただきまっす!
 
 
sr30th02
 
シルバーフレームに特別カラー……
そして何より、特別価格が嬉しい!!

 
 1978年の登場以来、その姿をほとんど変えることなく発売されきた稀代の名車「SR400」。2013年の今年、そんなSRが35周年を迎えるということで、ヤマハからアニバーサリーモデルが発売された。

 エンジンや仕様などに変更はなく、変わったのは外装。フューエルタンクとシートカウル、サイドカバーにはアニバーサリーモデル専用となるグリーンを配色。フューエルタンクにはゴールドの「YAMAHA」のロゴを配し、サイドカバーには同じくゴールドで「SR」のエンブレムが輝く。その下の「SINCE1978」の文字がなんとも誇らしげだ。
 シートはブラウンとベージュのツートンシートを採用。外装を彩るグリーンと相まって、大人の雰囲気を演出している。また、文字盤をブラックに変えたメーターも注目のポイントだ。
 そして、このモデルを特別なものにしているのが、フレームカラー。2008年に採用されて以来となるシルバーフレームが復活。当然、F.I.モデルになってからは初採用で、特別感をおおいにアピールしているといえよう。

 このモデルの嬉しいポイントはほかにもある。それが車体価格で、これまでSRのアニバーサリーといえば価格が10万円ほど上がるのが常であった。しかし、今回はなんと値下げを敢行! レギュラーモデルが57万7500円なのに対し、アニバーサリーモデルは53万5500円となっているのだ。これだけの特別感を持って、さらに4万円以上の値下げ。さらにこれまでは台数限定が多かったのだが、今回は受注期間限定モデルということで、8月31日までに注文をすれば、誰もが手にすることができるのだ。

 これはまさにメーカーからのユーザーへの、35周年の感謝を込めた特別モデル。いま、新車で購入を考えている人は、ぜひこの機会を逃さないで欲しい!
 

 
sr30th03
メーターには「35th Anniversary」の文字が刻印され、特別感を演出。文字盤もブラックを採用している。
 
sr30th04
グリーンのフューエルタンクにはSR伝統のグラフィックパターンが入る。YAMAHAロゴはゴールドだ。
 
sr30th05
ブラウンとベージュのシートがマシンに落ち着いた雰囲気を与える。シートカウルはフューエルタンクと同色でまとめられている。
 
sr30th06
サイドカバーにはゴールドの立体エンブレムを採用。そしてフレームカラーはシルバーで、特別感と軽快感を作り出している。
 
 

sr30th01

Specifications
全長×全幅×全高/2085×750×1110(mm)
シート高/790mm
車両重量/174kg
エンジン形式/空冷4ストローク単気筒
総排気量/399cc
内径×行程/87.0×67.2(mm)
最高出力/19kW【26PS】/6500rpm
最大トルク/29N・m/5500rpm
始動方式/キック式
乗車定員/2人
燃料タンク容量/12L
ブレーキ形式/F:シングルディスク・R:ドラム
タイヤサイズ/F:90/110-18・R:110/90-18
車体色/ダークグレーイッシュグリーンメタリック1
メーカー希望小売価格:53万5500円
2013年8月31日までの受注期間限定モデル
 

関連記事