ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン「The SR Times」

2021年03月26日

singlebigk/1979 YAMAHA SR400SP “初期型SPツーリングモデル”/SR File.143


143
取材協力:シングルビックケイ
写真:井上 演 文:佐賀山敏行

※2015年12月16日の記事を再編集しました。

―――

SR本来の姿を導き出したシングルビックケイのデモマシン

一見しただけで初期型SR400SPだと分かるこのマシン、じつはシングルビックケイによるカスタムが施されており、細部に至るまで、じつにコダワリに満ちているという。

同店のデモマシンだというこのマシンの、その詳細を見ていこう。

ベースとなったのは79年式SR400SP。カスタムのコンセプトは「SRらしさを強調し、初期型SPの雰囲気を崩さないこと」……では、SRらしさとは何なのか? 同店代表の柴沼さんは「細身でありながらも、足回りなどのボリュームを出し、SPらしい迫力を醸し出すこと」と言う。

実際にマシンを見てみると、フューエルタンクは純正ナロータンクで、純正シートはあんこ抜き、当然フロントフォークなども純正のままだが、タイヤはダンロップK70をチョイスし、フロントダブルディスク化、旧車感を醸しつつスイングアームはオーバー製アルミを装備。初期型SRのナロー感とやや太めの足回りとのバランスがなんとも心地よい。ちなみにフロントフォークはインナースプリングにオーリンズを採用し、リアサスペンションは純正ながらも新品を組み込むなど、パフォーマンスもしっかりと追求されている。

初期型純正と現行新品、そしてカスタムパーツの組み合わせは秀逸のひとこと! 流行の「初期型カスタム」だが、シングルビックケイの1台は、一歩も二歩も抜きん出ていると言えるだろう。

143y

Shop SR Times

関連記事