ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン「The SR Times」

2021年03月17日

バイク工房 Greentea/1993 YAMAHA SR400 “神戸号”/SR File.139

LINEで送る

139
取材協力:バイク工房グリーンティー
写真:編集部 文:佐賀山敏行

※2015年12月04日の記事を再編集しました。

―――

ハイパフォーマンスパーツを違和感なく純正ルックに装着!

フューエルタンクにサイドカバーには純正をクオリティーアップさせたかのようなペイントを施し、シートは同店オリジナル70’sシートでルックスアップ。しかし、あくまでもそのシルエットはSR400そのもの……グリーンティーの真骨頂ともいえるマシンが、ここに紹介する1台だ。

注目すべきはやはり足周りで、フロントフォークはグリーンティー×オーリンズで、リアサスペンションはオーリンズグランドツイン。走りの質を大きく向上させている。ホイールは前後ともオリジナルで、17インチをチョイス。タイヤにはダンロップGPR300をチョイスしている。もちろんブレーキは前後ともにディスクタイプで、キャリパーはブレンボだ。さらにエンジンは極端なチューンナップこそされていないが、500純正クランクとSOHC製φ90mmピストンで534ccにスープアップされている。

これだけのパフォーマンスアップがされていながら、先述のように、そのスタイリングはSR400そのものだ。外装に施されたペイントはあえて純正を踏襲しつつも、確実にクオリティーをアップさせることで、足周りに引けを取らないスペシャル感が与えられている。

トラディショナルなフォルムのSRだが、カスタム次第ではそのイメージを残しつつ、スポーティーに変身する。グリーンティーの技とセンスが冴え渡る1台だといえよう。

139z

Shop SR Times

関連記事