ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン「The SR Times」

2021年05月21日

New Gate/1986 YAMAHA SR400 “Velocette Custom SR”/SR File.162

LINEで送る

162x
取材協力:ニューゲート
文:佐賀山敏行

※2016年02月24日の記事を再編集しました。

―――

英国旧車風スタイリングが美しい

チョッパーにハイパフォーマンス、ヴィンテージモトクロッサーと、さまざまなスタイリングに変化することも人気のポイントとなっているSR。しかし、かつて「SRカスタム」といえばカフェレーサーや英国クラシックスタイルが王道。レーサーレプリカやハイパワーな四気筒モデルが台頭してきた当時、美しさを求めたSRカスタムは独自のファンを獲得していったのである。

岩手県にあるニューゲートが製作したのは、まさにSRカスタムの王道ともいえるもの。フューエルタンクにはスラクストン製タンクカバーを被せ、シートはブルックランズ製をチョイス。どちらも「ベロセットタイプ」であり、さらにエキゾーストもベロセットマフラー。マシンの高級感と統一感を高めている。

前後フェンダーは汎用を加工してマウント。ステーの配置も絶妙で、旧車らしい違和感のない仕上がりとなっている。純正ドラムブレーキがまた、マシンのクラシカル感をおおいに高めているといえるだろう。

ハンドルバーには一文字ハンドルを選択。セパハンではなく、あえて一文字とすることで、クラシックバイクが持つ重厚さとスポーティーさを両立させている。

今ではあまり見ることのなくなった英国ビンテージスタイル。しかし、これこそがSRカスタムの原点であり王道。決して廃れることのない美しさに、ただただ見惚れるばかりである。

162y

Shop SR Times

関連記事