ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン「The SR Times」

2021年01月26日

9-GATE/BSA SR400/SR File.311



取材協力:ナインゲート
写真:編集部 文:佐賀山敏行

――

古くからの友人のような……気を張らずにつきあえるマシンを目指して

SR400のエンジンにオリジナルのフェザーベッドフレームを搭載したBSA-SR。当時、日本で発売され、YAMAHA SRとは全く異なるシルエットに直立したエンジン、そして独特の乗り味は多くのライダーを魅了した。

このマシンのオーナーがBSA-SRに出会ったのは高校生のころ……当時88万円というプライスは到底手が届くものではなく、雑誌を見ては、自身が乗っている姿を思い描いていたそうだ。

それから約20年、ある日バイクショップで中古車として売られているBSA-SRを発見。家族に相談することなく衝動買いしてしまったという(その後、禁煙を条件に奥さんからOKをいただいたそう)。

さて、晴れて憧れのマシンのオーナーとなったわけだが、もはや旧車の仲間入りといってもおかしくはないBSA-SR……何のトラブルもなく乗れるわけもなく、あちらこちらに手がかかる。そこで駆け込んだのがナインゲート、である。

目指したのはフルカスタムではなく、気を張らずにつきあえるマシン。

BSA-SRらしさを十分に残し、いつでも乗りたいときに乗れて、いつでも行きたいとこまで走っていける……不安を覚えることなく、オーナーが安心してつきあえるマシン、である。

オリジナルにはこだわらず、振動によるクラックなど、純正のウィークポイントを徹底的に潰していき、それでいてオーナーこだわりのカスタムパーツを装着したという。

そうして完成したのがこのマシンだ。チャックボックス製エースバーやルーカスヘッドライトケース、デイトナ製ビンテージメーターなど、ツボを押さえたパーツチョイスが光る1台となっている。

カスタムは目的ではなく、あくまでもオーナーが乗り続けるための手段……カスタムがあるべき本来の姿が、このマシンからは見て取ることができる。

Shop SR Times

関連記事