ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン「The SR Times」

2021年01月27日

BELTLAN/1998 YAMAHA SR400/SR File.117


117
取材協力:ベルトランモーターサイクル
写真:編集部 文:佐賀山敏行

※2015年07月20日の記事を再編集しました。

―――

乗りやすさを重視した軽快なスポーツカスタム!

ロードスポーツとしてのSR本来の性能を追求し、走る楽しさを前面に押し出したハイパフォーマンスカスタムは、数あるカスタムジャンルのなかでも人気の高いものである。大阪府堺市に拠点を置くベルトランは、そんなハイパフォーマンスに定評のあるショップだ。

ここに紹介するマシンも、SRらしさを残しつつ、足周りとエンジンに適度なチューニングを施した1台である。ベースとなったのは1998年式SR400で、フロントフォークはCBR600RRを流用加工、スイングアームは同店の人気アイテム「角スイングアーム30mmロング」を装着。ホイールはキャスト化され、当然ながら前後ともディスクブレーキ化。キャリパーは王道のブレンボをチョイスしている。リアサスペンションはホワイトパワーだ。

エンジンに目を移すと、SOHC製φ90ピストンに500純正クランクを組み合わせて排気量は595ccにまでアップ。ヨシムラST-2カムやFCRキャブレターでレーシーなレスポンスが期待できる。シリンダーはデイトナ製ビッグボアで、ダイヤモンドコーティングペイントも相まって、エンジン外観は豪奢なものとなっている。

対してシートはシンプルなセミダブルで、フューエルタンクは純正にエグリ加工を施したもの。前後フェンダーはカーボンだが、デザインはむしろシンプルなものだ。足周りやエンジン周りのレーシーかつ豪快なイメージとは相反し、外装はシンプルにまとめることで、SRらしさを残している。これまで数多くのハイパフォーマンスSRを作ってきたベルトランらしい、高いセンスを感じさせる仕上がりだといえよう。

走る楽しさと性能を求めつつも、SRが持つスタンダードバイクとしての魅力も損なわない。ベルトランのワザが活きた1台である。

117y

Shop SR Times

関連記事