ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン「The SR Times」

2020年11月04日

平和MOTORCYCLE/YAMAHA SR400/No.072

LINEで送る

072
取材協力:平和モーターサイクル
写真:編集部 文:佐賀山敏行

※2014年08月07日の記事を再編集しました。

—–

細かなコダワリが生み出した完ぺきなスタイリング

乗り手や創り手の想いを反映させた完ぺきなマシンを作るには、ときにはわずかなディテールの違いが気になるということも少なくない。

平和モーターサイクルが製作したマシンは、トラッカースタイルを同店流にアレンジした秀作。フューエルタンクやエキゾースト、ハンドルバーなどにワンオフや同店オリジナルを装備し、一般的なトラッカーとは一線を画す雰囲気を漂わせている。

このマシンで注目すべきがシートカウルだ。アルミをベースにワンオフで製作されており、スタイリングの大きなポイントとなっている。このコンパクトで美しいシルエットを作り出すために、じつはシートレールにナロー加工が施されており、ビルダーの木村さん曰く「根元から加工したので苦労した」とのこと。シートレール自体はカウルで覆われているので、一見しただけでは分かりづらいが、たしかに純正ではありえないコンパクトさだ。

納得のいくマシンを作るために細かな箇所にもこだわり抜く。この姿勢こそが、カスタムにとって最も必要なこと。

一見ライトな仕上がりだが、平和モーターサイクルのコダワリが凝縮した1台だといえよう。

072x

Shop SR Times

関連記事