ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン「The SR Times」

2020年11月25日

CASCADA/2002 SR400/No.081


081
取材協力:カスカーダ
写真:編集部 文:佐賀山敏行

※2014年10月15日の記事を再編集しました。

—–

アルミパーツが眩しい!! ロングタンクのトラディショナルカフェレーサー!

福岡県に拠点を置くカスカーダが製作した1台は、外装にアルミパーツを奢ったトラディショナルな雰囲気漂うカフェレーサー。SRカスタムの王道ともいえるマシンの詳細を見ていこう。

まず目に入ってくるのは、やはりアルミ製ロングタンク。これはトレッセル製で、それに合わせてオリジナルシートを投入。ダブルエム製セパレートハンドルやオフィシャル製バックステップを組み合わせ、王道たるフォルムを作り上げている。

そして注目したいのがエキゾーストだ。シートレールから長いステーを使ってマウントしているのだが、これは演出の一貫。クラシカルかつ遊び心のあるサイレンサー周りとなっている。ちなみにエキパイ、サイレンサーともシムズクラフト製で、キャブレターはTMRをチョイス。パフォーマンスアップも図られている。

他にもドラムブレーキパネルやオーバーレーシング製スイングアームなど、見どころはたっぷり!SRカフェの美しさを最大限発揮したマシンだといえよう。

Shop SR Times

関連記事