ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン「The SR Times」

2020年12月04日

CANDY Motorcycle Laboratory/YAMAHA SR400/No.087

LINEで送る

087
取材協力:キャンディーモーターサイクル
写真:編集部 文:佐賀山敏行

※2014年12月20日の記事を再編集しました。

—–

オールドレーサーにストリートテイストを注入!

チョッパーからハイパフォーマンスまで、あらゆるスタイルをSRで実現するキャンディモーターサイクルラボラトリー。若いライダーを中心に、高い支持を得るショップだが、ここに紹介する1台は、同店ビルダーの中村さんが自身の愛車として製作したもの。SRらしさを残しつつも、同店ならではのアプローチによる高いまとまりを持つマシンである。

カスタムのテーマとしては「ノートンなどの古いレーサー」とのことだが、もちろん当時の焼き直しなどではなく、キャンディのセンスが随所に行かされているのがよく分かる。

その詳細を見ていくと、まず気になるのが足周りだ。前後ホイールは21-18インチとなっており、レーサーといいつつも、定番スタイルよりも大径のホイールを装着。チョッパーやボバーを思わせるシルエットとしつつも、リアには18インチを履くことで全体のバランスを整えている。さらにリアサスペンションにはローダウンサスをチョイスし、フロントもローダウン加工。ホイールの大きさがより引き立つように演出されている。

外装に目を移そう。フューエルタンクとシートカウルはアルミワンオフ。車体に合わせた絶妙なフォルムと大きさで、レーシーなイメージを膨らませている。他にもハンドルや電装ボックス、バックステップなどもワンオフ。スピード感とストリート感、ポップさと重厚さを併せ持つ、他にはない独特の雰囲気を纏わせることに成功している。

エンジンは598ccでキャブレターはデロルト、オールド感を大切にしながらも、パフォーマンスの追求にも抜かりはない。エキゾーストマフラーは当然ワンオフで、深いバンクを可能にする形状も大きなポイントである。

オールドレーサーをコンセプトにしながらも、キャンディらしいストリート感、そしてSRの楽しさを引き出すパフォーマンスなど、まさに、すべてが秀逸だ。

087x

Shop SR Times

関連記事