ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン「The SR Times」

2020年12月07日

2%ER/1992 YAMAHA SR500/SR File.088


088
取材協力:ツーパーセンター
文:佐賀山敏行

※2014年12月25日の記事を再編集しました。

―――

60年代B級チョッパーをSRで見事に再現! 今までにないSRスタイルだ!!

前回はドラッグマシンとカフェレーサーをミックスさせたオリジナルスタイルのSRを紹介したツーパーセンターだが、今回紹介する1台は、同店の真骨頂ともいうべき1台。60年代B級映画を彷彿とさせるガレージチョッパー風カスタムだ。

オーナーはH-Dパンヘッドも所有するそうで、「壊れずに気を使わなくてもいい」という理由により、さらなる愛車としてSR500をチョイス。当然、純正のままでは良しとせず、「ラクなポジションながらも速く走りたい! さらに人とカブらないスタイリング」ということで、ツーパーセンターへオーダーしたという。

そこでビルダーの山口さんがコンセプトとして掲げたのが、前述のとおり「60年代B級映画を彷彿とさせるガレージチョッパー」。パンヘッドなどのビンテージバイクと並んでも溶け込んでいくように製作したという。

その詳細を見ていくと、まず目に付くのは車体のあちこちに装着された同店オリジナルパーツ。ヘッドライトに電装ボックス、プルバックハンドルにアルミハブキャップ、さらにシートやフォークジョイントもオリジナル! SRパーツは国内あらゆるメーカーやショップからリリースされているが、ツーパーセンターのオリジナルパーツ群は、まさにオンリーワンのラインナップといえるだろう。

もちろん、あくまでもこのマシンはガレージチョッパー“風”。エンジンをはじめ、パーツ装着の強度やワンオフパーツのクオリティ、さらに配線などはプロの仕事としてきっちりと仕上げられている。そのため、街乗りはもちろんのこと、ロングツーリングも余裕でこなす

SRカスタムに新風を巻き起こすツーパーセンター。その作品は、これからも要注目だ!

088y

Shop SR Times

関連記事