ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン「The SR Times」

2020年12月23日

A Beard/1992 SR400 “Screw Driver”/SR File.097


097
取材協力:ビアード
写真:編集部 文:佐賀山敏行

※2015年03月02日の記事を再編集しました。

―――

ジェントルな雰囲気を漂わせる、大人のチョッパー

広島県廿日市市にあるビアードが製作したのは、前後サスペンションをローダウンさせたチョッパーカスタム。しかし、定番のシートレールドロップを採用せず、ブロンコ用をメッキ加工したフューエルタンクにワンオフシート、地面と水平に伸びたショーティサイレンサーなど、全体的には大人しめの印象となっている。

聞けばマシンのコンセプトは「大人の雰囲気を満喫させるSRらしいカスタム」とのこと。なるほど、前後21-16インチホイールやオリジナルミドルアップハンドルなどでチョッパーらしさを演出しつつも、フューエルタンクからリアフェンダーへの流麗なラインや絶妙な8°トリプルによるフロント周りにって、SRチョッパーが持つ“ヤンチャ”感は鳴りを潜め、ジェントルなイメージにまとめられているのだ。

キビキビと走るのではなく、のんびりゆったりとクルージング……そんなシーンが似合いそうな1台だ。

Shop SR Times

関連記事