ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン「The SR Times」

2021年01月25日

Kid’s Garage/2006 YAMAHA SR400/SR File.116

LINEで送る

116
取材協力:キッズガレージ
写真:編集部 文:佐賀山敏行

※2015年07月10日の記事を再編集しました。

―――

派手なディテールが人目を惹く……これぞカスタムの醍醐味!!

他人とは異なるディテールによって個性を作り出すカスタムビルド。もちろんそれは個人的な楽しみなのだが、せっかくならギャラリーにも見てもらいたい、注目されたいというのはバイク乗りなら誰しも思うことだろう。

キッズガレージが製作したのは、そんなカスタムマシンへの素直な想いを追求した1台だ。

ベースとなったのは2006年式SR400。TZR純正フロントフォークを流用し、スイングアームはベルトラン製楕円をチョイス。リアサスペンションはオーリンズで、前後ホイールはエキセルリムを装着。もちろんフロントブレーキキャリパーはブレンボだ。吸排気に目を移すと、キャブレターはヨシムラジャパンTMR-MJNを装着し、エキゾーストマフラーはキッズガレージオリジナルチタン。エンジン排気量は595ccにまでアップされている。まさに、同店が得意とするハイパフォーマンスな1台である。

しかし、このマシンの見どころは高い性能だけではない。外装は、フューエルタンクは純正ながらも、デルスラーラ製シートやデイトナ製サイドカバーと同じゴールドにペイント。フロントフォークにはチタンコーティングが施されている。さらに、アンダーステムやヘッドライトステー、キャリパーサポートなどもゴールド!! 豪奢な車体シルエットと相まって、華やかなオーラを醸し出しているのだ。

ハイパフォーマンスSRを得意とするキッズガレージだからこそ、これだけゴールドを多用しても嫌味はなく、むしろマッシブになった車体にみごとに馴染んでいる。ストリートをメインに、あえて人目のある場所をスマートに乗りこなしたくなる1台だ。

116y

Shop SR Times

関連記事