ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン「The SR Times」

2021年05月10日

POSH Faith/1994 YAMAHA SR400 “HIGH TECH CAFE”/SR File.157

LINEで送る

157
取材協力: ポッシュフェイス
写真:編集部 文:佐賀山敏行

※2016年02月07日の記事を再編集しました。

―――

パーツメーカーだからできる「ボルトオン・ハイテックカフェ

ワンオフパーツやフレーム加工が当たり前となりつつある昨今のSRカスタムだが、じつはフレーム無加工という“制約”のなかでCOOLなフルカスタムマシンを作るということは、思いのほか、難しいものである。パーツメーカー「POSH」が製作したのは、まさにそんなフレーム無加工・ボルトオンの可能性を追求した1台である。

製作を担当したのは、以前当サイトの車検記事に登場いただいた細井さん(現ナインゲート代表)。曰く「コンセプトは『やりすぎない』こと。パーツメーカーとしての観点から、フレームに一切の加工はしない。足周りも大幅に改造することはしない。基本的にボルトオンパーツを用いて、それでいて“ハイテック”であること」。
果たして完成した車体は、まさに絶妙なバランスを保つハイテック・カフェレーサー。フューエルタンクはあえて純正のままで、「SRであること」をアピールし、前後ホイールはスポークながも17インチ化。強化されたフロントブレーキも相まって、ハイパフォーマンスな匂いを漂わせている。ハンドル周りも同様で、カフェらしさを演出しつつも、豪奢なトップブリッジに現代的なデザインのハンドルバー、さらに三連インパネがトラディショナルなイメージとは一線を画している。

ワンオフパーツも使用されているが、基本的にはボルトオンパーツで構成。SRカスタムのウィークポイントと言われるリアウインカー部分のフレームも、決してデザインの邪魔にはなっていない。

パーツメーカー「POSH Faith」が、“パーツメーカーだからこそ”作り上げることのできた力作……その底力を見せつける1台である。

157x

Shop SR Times

関連記事