ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン「The SR Times」

2021年06月30日

2%ER/YAMAHA SR500/SR File.177

LINEで送る

177
取材協力:ツーパーセンター
写真:編集部 文:佐賀山敏行

※2016年5月12日の記事を再編集しました。

―――

60年代のヒルクライマーの雰囲気を再現!!

60年代アウトローチョッパーやボバーなど、独自の視点と正確な時代考証による造詣の深さをみごとにSRカスタムに落とし込む2%ER。ここに紹介する1台もまた、同店のセンスと知識が十二分に活かされている。

カスタムのコンセプトは「型遅れなサイドバルブやナックルヘッドをベースにした、60年代のヒルクライマー」。分割タンクやリアフェンダーがいかにもオールドスクールな雰囲気を盛り上げているが、これらは車体サイズなども考慮してワンオフで製作。スタイリングのポイントとなるハンドル周りはハーレー用ドッグボーンライザーを利用しつつ、ライザーベースはワンオフ、ビンテージレーサーを彷彿とさせるハンドルバーはワンオフと、要所を押さえたマシン作りが為されているのだ。

また、予算を抑えるため、フロントフォークや前後ホイール、ブレーキ周りはノーマルを使用している点も見逃せない。そこからは、顧客のオーダーをしっかりと汲むプロのビルダーとしての確固としたスタンスが読み取れる。

高いセンスと技術、さらに顧客の要望や予算など、すべてをクリアした。これぞ「プロの1台」というに相応しいマシンである。

177x

Shop SR Times

関連記事