ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン「The SR Times」

2021年10月23日

singlebigk/1978 YAMAHA SR500 “初期型ハイパフォーマンス純正スタイル”/No.199

LINEで送る

199
取材協力:シングルビックケイ
※2016年10月31日の記事を再編集しました。

 

シングルビックケイ・オリジナルと当時物パーツを
組み合わせた純正ルック・パフォーマンス!!

SRフリークの心を掴んだ、“かゆいところに手が届く”パーツ展開と希少な初期型モデルを使ったデモマシンで人気のシングルビックケイ。この度、同社のデモマシンがさらにバージョンアップを遂げた! それがここに紹介するマシンだ。

ベースは1978年式SR500、つまり最初期型のSR500である。最近ではプレミアムがついて、高値で取引されることも多い同モデルを惜しげもなくフルカスタム! 前後ホイールを17インチ化し、オリジナルスイングアームやヨシムラ製フルアジャスタブルリアサスペンションを装着。クラシカルなフォルムのなかに軽快感を作り出すことに成功している。

エンジンは純正ながら、タペットカバーにブローバイ取り出しアダプターなど、細かなポイントにオリジナルのジュラルミン削り出しパーツを多用。ほかにもオイルホース用放熱フィンはチタン製オリジナルで、高級感と機能性をうまく両立させたパーツ展開は流石のひとこと。FCRキャブレターとオーバー製マフラーによるレスポンスの良さが期待できるセッティングも見逃せないポイントだ。

初期型のイメージを崩すことなく、足周りや各部を強化。古めかしさのなかに新しさを感じることのできる1台に仕上げられている。

199x

関連記事