ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン「The SR Times」

2021年09月23日

MADE BY TTT motorcycles/YAMAHA SR400/No.185

LINEで送る

185
取材協力:メイドバイスリーティーモーターサイクルズ
写真:編集部 文:佐賀山敏行

2016年8月4日の記事を再編集しました。

―――

スッキリコンパクトなナローボバー!

シングルエンジンとシンプルなフレームを持つSRならではのカスタムとして定着した感のある「ボバー」スタイル。メイドバイTTTが手がけた1台は、そんなボバーをさらにナローかつコンパクトにしたもの。そのテクニックに迫る。

まず注目したいのはシートレール。定石どおり、ドロップ加工が施されているのだが、あえてアールはつけず、直線基調としている。それに合わせてワンオフ製作されたシートも当然、座面は直線をベースとしたもの。フューエルタンクにはヤマハのビンテージ・ミニトレール「MR50」を流用することで、シート形状と相まって、まっすぐなマシンシルエットを形成しているのだ。

また、前述のとおり、このマシンはナローかつコンパクトをコンセプトにしており、その絶妙なテクニックはフューエルタンクのチョイスだけでなく、リアフェンダーからも伺い知れる。フェンダーをスイングアームマウントとすることで、リアタイヤとのクリアランスをギリギリに保っているのである。ほかにもショートタイプのマフラーなど、パーツチョイスとマウント方法の妙により、マシンのコンパクト化が進められている。

シンプルなボバースタイルだからこそ、ちょっとしたテクニックでフィニッシュの完成度は大きく変わる。その好例といえる1台だ。

185x

関連記事