ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン「The SR Times」

2021年10月07日

LAMP CYCLE/YAMAHA SR400/No.191

LINEで送る

191
取材協力:ランプサイクル
文:佐賀山敏行

※2016年8月25日の記事を再編集しました。

あえて古めかしさを強調。懐かしささえ感じるチョッパー

ランプサイクルが製作したのは、赤と黒のツートンが強烈な印象を残すチョッパー。フルカスタムの1台だが、パーツを磨き込むのではなく、使い続けたかのような古めかしさを演出することで、ストリート感を醸し出している。

マシンのコンセプトは「古いトライアンフのチョッパー」ということで、シートレールを加工し、リアサスペンションにショートサスをチョイス。さらにフロントホイールに純正キャスト、リアにXS250純正キャストを履くことで、チョッパーらしいシルエットを形成している。また、フューエルタンクやシートなど、主だった外装パーツをワンオフ製作することで、高いオリジナリティーを発揮しているのだ。

そしてこのマシンの大きな特徴が、フレームと外装の「赤」とホイールやエンジン、エキゾーストに採用された「黒」とのコントラスト。まさに、一度見たら忘れられない強烈な存在感である。

191y

関連記事