ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン「The SR Times」

2020年11月01日

海外ビルダーが手がけた珠玉のSRカスタム5選


日本のみならず、海外でも人気のSR。各国のバイクサイトでは、数多くのカスタムマシンが紹介されています。今回、フランスやドイツで製作されたSRなど、様々な媒体で紹介されている記事を当サイトでまとめました!

ショップとブランドがコラボしたSR400

灰色&白でまとめたカスタムマシン

イギリスにあるショップ「Smith & Son Motorcycles」とアパレルブランドの「Two Gun Salute」がコラボレーションした一台。日本から直接入手したSRを、カスタムマフラー、シングルシート、ホワイトタイヤ、ハーレーダビッドソン用のフューエルタンクやリアショック、ハンドルバー、ヘッドライトなど、センスたっぷりにカスタムパーツを配置しています。

詳細はコチラから→GRIDOTO.COM公式ウェブサイト

ショットガンマフラーがインパクト大のSR500

フランスのショップがプロデュース! SR500のイメージを変えたカスタムマシン

今回紹介するのは、フランスにある「Dirty Seven」が手がけたSR500。ビルダーは「SR500のイメージを覆すようなボバーにしたい」とマシンをカスタムしました。攻撃的なイメージのショットガンマフラー、センターメーター、リアロングフェンダー、カスタムシート、シートレール加工などアイデアを注入しており、大満足の仕上がりとなったそうです。

詳細はコチラから→MOTO REVUE公式ウェブサイト

ドイツのビルダーが作ったカスタムマシン

兄弟で作り上げたSR400はヨーロッパでも人気!

ドイツに住むRaphaelとChristian兄弟が営むバイクショップ「Benders」が手がけたYAMAHA SR400を紹介します。これまでもYAMAHAが発売しているマシンをカスタムしたことがあり、国内外問わず人気を博していた同店。そうした経験を踏まえて今回のSRに着手しました。ライダーに合わせたシンプルなこのマシンは、SR好きの人々を唸らせたそうです。

詳細はコチラから→NIPPON CLASSIC公式ウェブサイト

イングランドのショップが製作したデモ車0813

ブロックタイヤが無骨なストリートトラッカー!!

今回紹介するのは、イングランドにあるショップ「Auto Fabrica」が製作したSR400。当サイトでは同店が製作したSRを何度か紹介したことはありますが、今回もフラットシート、ブロックタイヤを履いた同店の特徴ともいえるカスタムスタイルに仕上げています。

詳細はコチラから→pipeburn公式ウェブサイト

アルミパーツを全身にまとったSR400

細部にまでこだわったスタイルが魅力の近未来的カフェレーサー

アメリカにあるショップ「BCR Designs」が手がけたSR400。はサブフレームから手をつけ始め、どんどんイメージを膨らませていったのだそう。特にリア周りは力を入れており、独特なフォルムのテールランプ、ナローなシートカウル、そのシートカウルをカットしてサイレンサーを通すなど、アイディア豊かにカスタムしています。

詳細はコチラから→ROCKET GARAGE公式ウェブサイト

 

Shop SR Times

関連記事