ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン「The SR Times」

2021年11月13日

New Gate/2000 YAMAHA SR400 “クラシックレーサー”/No.208

LINEで送る


取材協力:ニューゲート
文:佐賀山敏行

※2017年2月7日の記事を再編集しました。

ノートンとSRの“味”を両立させたカフェレーサー!

岩手県に拠点を置くニューゲートは、これまでにも上品かつクラシカルなSRカスタムを多数リリースしてきた“最北のSR専門店”。今回紹介する1台も、クラシカルな雰囲気を漂わせるカフェーレーサーである。

コンセプトとなったのは「ビンテージ・ノートン」。しかし、SRらしさを損なわないように、随所にニューゲートらしいセンスが発揮されている。その最たるポイントがフューエルタンクで、これは純正ナロータンクをベースに下部分をカットしたもの。ノートンを思わせるカラーリングもあいまって、SRとノートン、それぞれが持つ“味”がみごとに表現されている。また、このマシンでは「細さ」も注目すべきポイントとなっていて、前後ホイールは19インチリムをチョイス。さらに長めのセミダブルシートを装着することで、戦闘的なカフェレーサーながらも今風のとんがった雰囲気ではなく、どこか牧歌的な香りを感じさせる仕上がりとなっている。それでいてハイパープロ製強化フロントスプリングやオーリンズ製リアサスペンションで、走りの質を高めている点も見逃せない。

旧い英国車をリスペクトしながらも、決してレプリカでは終わらない。ニューゲートの“味”が存分に発揮された1台である。

関連記事