ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン「The SR Times」

2021年11月20日

改華堂 Kustom Service/1994 YAMAHA SR400 “TRIYAMA”/No.211

LINEで送る


取材協力:改華堂カスタムサービス
写真:編集部 文:佐賀山敏行

※2017年5月12日の記事を再編集しました。

トライアンフのフレームを使った“本物”のチョッパー

「ミティース」と呼ばれるカスタム手法をご存知だろうか? 有名なところでは、ノートンのフェザーベットフレームにトライアンフの空冷バーチカルツインエンジンを搭載した“トライトン”があるが、近年、ノーントンフレームにハーレーのアイアンエンジンを搭載した“ハートン”や、ホンダの空冷4気筒エンジンとトライアンフのフレームを組み合わせた“トランダ”など、ミティースカスタムを精力的に作り出しているのが、愛知県小牧市に拠点を置く改華堂だ。そしてここに紹介するのが、同店がリーズナブルに乗れる「本物のチョッパー」としてリリースした1台である。

同店代表・小川さん曰く、その狙いどころは「オールド・トライアンフのフレームにボルトオンのリアセクションと中古のヤマハ純正足周りを使用することで、低価格で提供できるが安物ではない、本物のカスタムバイク」とのこと。トラアインフ・チョッパーに乗りたいが、値段が高すぎるという難点を克服するため、トライアンフの骨格を活かしつつも、コストダウンをするためにエンジンにはSRを採用。結果、クールなマシンが完成したというわけだ。

関連記事