ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン「The SR Times」

2020年07月01日

Motorcycle’s BARN/YAMAHA SR400/No.028


028
取材協力:モーターサイクルズ・バーン
写真:編集部 文:佐賀山敏行

※2012年12月04日の記事を再編集しました。

 


バーンが提案する新スタイルは”SRらしさ”と”スピード感”を表現!

これまで当サイトでも多くのチョッパーを紹介してきたモーターサイクルズ・バーン。美しいシルエットとSRのエンジンを最大限活かしたスタイリングは高い人気を誇っている。しかし、ビルダーの石濱さんは最近のSRカスタムの流れをいち早く感じ取り、これまでの同店のSRとは全く異なるフォルムを持つ1台を作り上げた。

それがここに紹介するドラッグテイスト溢れるマシンだ。

「最近のSRカスタムの流れ」……ノーマル外装を使い、SRらしさを残したカスタムに、バーン流のセンスをみごと落としこんだのがこの1台で、フューエルタンクは純正を使用し、シートは加工、さらにエンジンにはビッグフィン加工を施すことで、ドコから見てもSRなのだが、オリジナリティのあるフォルムを形成。また、前後足回りをローダウンし、F21-R16インチホイールを投入することによってチョッパーとドラッグテイストをうまく融合することにも成功している。

極めつけがカラーリング。レッドブルのグラフィックを採用することで、スポーティさを増幅。石濱さん曰く「F1レッドブルのドライバー”セバスチャン・ベッテル”がSRに乗っていたら…」をコンセプトに、大胆なグラフィックが描かれているのだ。

SRらしさを随所に残しながらも、バーンならではの独自性を与える……新たなステージを開拓した同店のSRカスタムには、今後もますます目が離せない。

028y

関連記事