ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン「The SR Times」

2021年07月14日

FLAKES/YAMAHA SR400/No.180

LINEで送る

180
取材協力:フレークス
文:佐賀山敏行

※2016年5月20日の記事を再編集しました。

新しいスタイルを作ること……これこそがカスタムビルドの醍醐味!!

カフェレーサーにトラッカー、チョッパーなど、カスタムにはさまざまな“ジャンル”が存在する。しかし、もともとカスタムというものは、オーナーが個性を発揮し、ビルダーがそのスキルを活かすもの……だからこそ、既存のジャンルには当てはまらないものも少なからず存在する。

フレークスが製作した1台は、オーナーが提示したインスタグラムの写真が基になっているという。それは外国人が投稿したもので、「日本ではまだ見ないスタイル」だとフレークス佐藤さん。

完成したのがここに紹介する1台で、SRでいえばコンパクトチョッパーに似たスタイリングや作り方。しかし、セパレートハンドルや純正タンクなど、明らかにチョッパーとは一線を画すディテールを持ち、シートやヘッドライト、マフラーなど、真横から見たときにすべてのパーツが中央に寄っているのが大きな特徴であり、独自性となっている。また、フューエルタンク位置を変更することで車体を水平基調に見せたり、マフラーをブラックアウトし、腹下を通すことで車高を低く見せるなど、視覚効果を狙ったディテールなど、フレークスならではの細かな点も見逃せない。

海外で流行の兆しを見せるスタイリングを、SRを使って日本流にアレンジ。新たな“ジャンル”の芽吹を感じさせる……そんな1台である。

180z

Shop SR Times

関連記事