ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン「The SR Times」

2021年10月02日

WEDGE/2006 YAMAHA SR400/No.189

LINEで送る

189
取材協力:ウェッジ
写真:編集部 文:佐賀山敏行

※2016年8月13日の記事を再編集しました。

ビーチクルーザーをイメージした可愛い1台

独創的なスタイルのカスタムを数多くリリースするウェッジ。ここに紹介する1台も、既存のジャンルに当てはまらないオリジナリティーの高いマシンだ。

イメージしたのは「ビーチクルーザー」とのことで、やはり目につくのは前後タイヤ。ともにBECK製ホワイトウォールで、幅はなんと4.50! ローダウンされた車体と相まって、ファットな雰囲気を作り上げている。

シートレールも注目したいポイントで、一般的なチョッパーカスタムなどでみられるようなラインとは異なり、独特な表情を見せている。当然、そのラインに合わせてワンオフ製作されたシートも他に類を見ないもの。このマシンではシート以外にもフューエルタンクやハンドル、前後フェンダーにウインカー内臓タイプのステップまで、あらゆるディテールにワンオフパーツが用いられている。やはりビーチクルーザーという、これまでのSRカスタムでほとんど例のないコンセプトのため、パーツもすべてイチから作ることになるのだろう。

こうして完成したマシンは、まさに唯一無二のもの。既存のジャンルに留まらない、ウェッジの高い独創性と発想力に脱帽だ。

189x

関連記事