ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン「The SR Times」

2021年10月30日

Motorcycle’s BARN/YAMAHA SR400/No.202

LINEで送る


取材協力:モーターサイクルズ・バーン
写真:編集部 文:佐賀山敏行

※2016年12月19日の記事を再編集しました。

60年代英国車チョッパーを彷彿とさせる荒々しい雰囲気

王道的なSRコンパクトチョッパーや独自のセンスによるドラッグスタイルなど、SRを使ったオリジナル・アメリカンスタイルで定評のあるモーターサイクルズ・バーンの新境地ともいえるB級スタイルチョッパーが登場。

鮮やかなアイスブルーに彩られたフューエルタンクはBSAタンクをSR用にモディファイ。エンブレムがなんとも誇らしげで、英国車然とした意匠に対して、鋭く天を突くようなシッシーバーが絶妙なコントラストとなり、マシンシルエットを荒々しくまとめあげている。

それでいていかにもチューニングが施された感のあるエンジンやFCRキャブレター、ウェーブディスクのブレーキ周りなど、ハイパフォーマンスを意識したディテールも見逃せない。決して60年代のレプリカではない、バーンならではのコダワリが見て取れるのだ。

古めかしくも新しい……まさに「新境地」と呼ぶにふさわしい1台だ。

関連記事