ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン「The SR Times」

2021年09月12日

美しさに見惚れる…カフェレーサーSR5選

LINEで送る

『The SR Times』では、全国のショップが製作したカスタムマシンを紹介しています。今回は、カフェレーサーを中心に5台をピックアップ。SRに乗っていてカスタムを考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ORANGE BOULEVARD/2001 SR400/SR File.225

カフェスタイルにこだわり、ハイパフォーマンスな走りにもこだわる

トラッカーやボバー、チョッパーなど、様々なカスタムスタイルがある中で、根強い人気を保つのがカフェレーサースタイル。今回、SRカスタムの老舗オレンジブルバードが製作したのもまた、同店が得意とするカフェレーサーのシルエットを持ちながら、よりレーシーさを求めた1台だ。

このマシンでは純正らしさも十分に残されており、スタイリングの要であるフューエルタンクは純正を採用。フレームも無加工で使用することで、全体にSRらしさを色濃く残している。また、前後フェンダーを始め、アルミパーツを多用しており、ブラックアウトされた前後リムと相まって、重厚かつクラシカルなルックスに仕上がっている(続く)。

singlebigk/1978 SR500 “初期型クラシックカフェレーサースタイル”/SR File.207

初期型純正スタイルを崩すことなく、カスタムの楽しさを追求した意欲作!

貴重な初期型SRにこれまた貴重な当事物パーツ(新品!)、さらに同社オリジナルパーツをうまく組み込んだシングルビックケイのデモマシンが登場。1978年式SR500(後期フレーム)をベースに、初期型純正スタイルの雰囲気を崩すことなく、カフェレーサーにカスタムされたマシンだ。

フレームはもちろん純正のままで、エンジンには同社オリジナルパーツを多数装着。クラシカル感と高級感を高めることに成功している。また、カフェレーサースタイルとしつつも、ヤマハ純正リアキャリア(廃盤)やエンジンガードを装着することで利便性も追求。ルックスの追求だけに終わらず、毎日気軽に乗れる仕様となっている点にも注目したい(続く)。

MADE BY TTT motorcycles/1995 SR400 “69MAN”/SR File.241

美しさと荒々しさが同居する正統派カフェレーサー

今回紹介するメイドバイスリーティーによるSRは、そんなロッカーズの不良性と、正統派カフェレーサーの上品さをみごとに併せ持った1台だ。

BSAタイプのフューエルタンクにルーカスヘッドライト、プレート付きのショートフェンダーなど、トラディショナルなパーツ群で構成されたこちらのマシン。ベース車両に前後ドラムブレーキの95年式を使用することで、より当時の雰囲気を感じさせる作りとなっている(続く)。

2%ER/YAMAHA SR400/SR File.182

まだまだ進化を続けるチョップド・カフェレーサー!

’60年代にアメリカを席巻したアウトロー・チョッパーをはじめ、カフェレーサーやオリジナルのノンジャンルカスタムなど、SRをベースにさまざまなスタイルを精力的に創り出すツーパーセンター。ここに紹介する1台もまた、同店の意欲が見えるマシンである。

オーナーは長くSRに乗ってきたということで、SRの良さも弱点も知り尽くしている。そんなオーナーと話し合い、理想の1台を目指している(続く)。

POSH Faith/1984 YAMAHA SR500/SR File.174

フレーム無加工、ボルトオンで作るハイパフォーマンス・カフェレーサー!

外装に足周り、さらにエンジンまでもカスタムされたマシンであるが、一目見て分かるとおり、フレームは無加工。フューエルタンクとシートはスラクストン製で、ハンドル周りは同社オリジナルを満載。フロントフォークには同社製イニシャルアジャスターを装着しながらも、ベースは純正。

さらにスインアームも純正となっているのだが、前後ホイールは換装済み。リアサスペンションやフロントブレーキもバージョンアップすることで、540ccとなったエンジンのパワーを十分に支えるものとなっている(続く)。

Shop SR Times

関連記事